わきが治療をしたが傷がきたなく残ってしまった

わきが治療をしたが傷が残ってしまったという事をよく耳にします。このことを考える際には傷が治る期間をどの程度の時間的長さとして考えるかが重要となってきます。

わきが治療を完璧に行う為にはアポクリン層+脂肪層浅層を完璧に取り除かなければなりません。

しかし、完璧を求めると逆に創傷治癒にかかる時間と傷跡が落ち着く期間は長くなり、結果傷跡が残ったという印象が出てしまいます。

しかし、現実には傷痕の固さや赤みや色素といった見た目の傷跡が落ち着くのはかなりの時間が必要なのです。半年から1年はかかって傷跡は落ち着いていくものなのだ考えて頂く事が重要だと考えます。