メニュー
更年期障害・皮膚科・形成外科・美容外科、渋谷駅2分
お電話でのお問合せ
フリーダイヤル 0120-00-2266
東京都渋谷区桜丘町16-15 カーサ渋谷2F
診療時間::10:00~14:00 / 15:00~19:00
水・日・祝日休診、土は午後休診

二重埋没法

※ご予約はお電話でお願いいたします。

二重埋没法はこのような方に向いています!

□二重になりたい方
□瞼の皮下脂肪があまり厚くない方
□末広型(平行型ではなく)のラインを希望している方
□学校やお仕事で長期休めない方
□瞼に加齢によるたるみのない方

改善方法

皮膚の切開は行わず、瞼皮膚を皮下の瞼板周囲組織に糸で縫い止める事で二重のラインを作り出す方法です。
何種類かある二重の手術のうち最も手軽なプチ整形として知られています。

症例写真

eyelid1_07

eyelid1_04

当院の「二重埋没法」の特徴

手術時間が短い
埋没法の手術時間は10~15分程で、局所麻酔で行います。

傷は表に残りません!!
埋没法では通常瞼皮膚に傷が残る事はありませんが、ケースによっては傷の赤みが長引いたり、目を閉じた時に少し傷のへこみが残る場合があります。

腫れが少なく、ダウンタイムは2~3日!!
切開をしませんから当然出血や腫れが少なくて済むため腫れは数日で引いていき、その後はむくんだような状態から徐々に自然な形になって行きます。
針による手術なので静脈に傷をつけた場合には内出血を伴う事がありますが、この紫色の内出血痕も1週間~10日程度で消えていきます。

メイク、コンタクトレンズ翌日からOK!!

但し、強いお化粧は瞼を擦る事になるため控えて頂きます。コンタクトレンズ装着で違和感がある場合には数日はお控え頂きます。

手術について

手術
手術は局所麻酔で行い両目で約10~15分程で終了します。

手術後
基本的に手術後の通院はありませんが経過にご不安があったり腫れや痛みが強い場合には念のためご来院頂きます。手術後約10分程クーリングしてからお帰り頂きます。
ご不安やご心配な点がある場合には、まずはお電話を頂戴しております。

手術後の注意点

■腫れ・痛みについて
注射による局所麻酔の為に術後当日は瞼全体に腫れが出ます。
ご自宅では必要あれば冷やして頂いたり、就寝時には多少頭部を高めにしてお休みください。
その後7日~10日程度はむくみにより実際の二重より幅が広く見えますが、徐々に自然な二重と変化していきます。

■内出血について
針による手術の為に静脈を傷つけ多少の内出血を伴う可能性がありますが、この紫色内出血痕は1週間~10日程度で消えていきます。

■入浴について
洗顔・シャワーは当日からOKですが、身体を温めすぎると腫れが強まる事がありますから簡単に流す程度にして頂きます。
内出血を防ぐため、入浴・サウナ・運動・飲酒は3日程度控えて頂きます。

■メイクについて
瞼以外のメイクは直後から可能ですが、アイメイクは3日間控えて頂き瞼を擦る原因となる事は控えて頂きます。

■コンタクトについて
術後すぐの装着も可能なのですが、もし違和感があったり痛みがある場合には瞼の粘膜面に腫れがあるのでしばらくは違和感が取れるまで控えて頂きます。

デメリットを解決

二重埋没法にはメリットとデメリットがありますが、以下にデメリットに対しての解決方法をご説明致します。

■二重が取れる可能性がある
埋没法では、瞼皮膚と瞼板周囲組織を留めている糸が何かの理由で外れてしまう事があります。
生まれつき瞼の皮下脂肪や眼窩脂肪が多く埋没法により作られた二重が取れやすい方がいます。
一度二重が取れた段階でその原因を検討し再度埋没法を行うのか、それとも部分的に切開を入れて行う方法(渋谷切開法)に切り替えるのかを患者様と話し合って決める事にしております。

■人により向き不向きがある
埋没法では、前述した生まれつき瞼の厚みが強い方や加齢による瞼のたるみがある方には向いていません。2度3度と手術を重ねることはそれ自体が患者様のストレスとなりますので、瞼の厚みが強い方には最初から部分的に切開する方法(渋谷切開法)をお勧めし、加齢による瞼のたるみがある方は上瞼たるみ取り術をお勧めしています。

Pagetop
更年期障害・皮膚科・形成外科・美容外科、渋谷駅2分
お電話でのお問合せ
フリーダイヤル 0120-00-2266
東京都渋谷区桜丘町16-15 カーサ渋谷2F
診療時間:10:00~14:00 / 15:00~19:00
水・日・祝日休診、土は午後休診
©2022 美容外科・皮膚科のDr.Minagawa渋谷整形