ピアッシング後カラーリングやパーマはいつからできますか?

ピアッシングはニードルやニードル状のピアスを使用して行いますので施術後ピアス孔を不潔にしたり刺激することは良くありません。ですのでパーマやカラーリング液が付着することはピアス部分の刺激となりますので、出来ればピアッシング後1ヶ月程度控えて頂くことをお勧めします。