メニュー
更年期障害・皮膚科・形成外科・美容外科、渋谷駅2分
お電話でのお問合せ
フリーダイヤル 0120-00-2266
東京都渋谷区桜丘町16-15 カーサ渋谷2F
診療時間::10:00~14:00 / 15:00~19:00
水・日・祝休診、土は午後休診

美肌

NEW! ミックスピーリング [全顔¥12,000 を 初回限定¥6,500]

皮膚の角質を取り除き、新しい肌を再生するプログラム

当院で用いている新しいピーリング剤ミックスピールは、これまで単体で用いられてきたピーリング成分【 乳酸、グリコール酸、 サリチル酸 】をピーリング治療の効果を高めるため日本人の肌に最適な比率で混合した純国産ピーリング剤です。

・しみ、そばかすを薄くしたい
・肝斑を改善したい
・黒ずみ、色素沈着を改善したい
・くすみを取り、美白したい
・小じわを減らしたい
・毛穴を小さくしたい

■ミックスピールの特徴
ミックスピールに配合してる3類のピーリング成分は、分子量の違いや剥離作用の違いなどにより混合剤とすることで相乗 効果を発揮します。デリケートな日本人の肌でも刺激や治療後の赤みに伴うリスクが最小限で済むようにされています。
従来のケミカルピーリングで、治療時の刺激による痛みや皮ムケなどの経験がある方でもお試しし易くなっております。

■成分
・乳酸
ミックスピールの主体となっている乳酸は天然由来の発酵法で製造された乳酸(L型)を使用。合成乳酸に比べ肌への親和性が強く、高いピーリング効果が得られます。期待出来る効果としては、メラニン生成抑制作用によるシミの改善、肌のキメを整えてツヤを生み出す、コラーゲンを分解する物質の活性をコントロールし、シワを減少させる効果があります。

・グリコール酸
乳酸と比べ分子量の小さなグリコール酸は特に毛穴の詰まりの除去、古い角質の除去に優れたピーリング成分です。また、皮膚細胞に対する間接的効果としてセラミドの合成促進作用、コラーゲン産生促進、メラニン生成抑制作用が期待出来ます。

・サリチル酸
サリチル酸のピールオフ効果は角質を軟化、融解させることで剥離し、乳酸、グリコール酸の浸透を助けます。 また皮膚表面を清潔に保つ静菌性、殺菌性といった特性を持ち併せています。

施術詳細

・施術時間     30分程度(お顔全体)
・施術回数       2~4週に1回(1クール6回程度が目安です)
・痛み             強い痛みは無く、ピリピリと感じる程度です。

< 施術後の注意点 >
お肌が敏感な状態になりますので、日中は必ず日焼け止めを使用し、UVケアをしてください。
・一時的に乾燥するため、洗顔後の保湿は十分に行ってください。
・刺激のあるスキンケア(スクラブ・ピーリング剤など)は使用を避けてください。
・シェービングやマッサージなども控えるようにしてください。
・施術直後よりメイク可能です。

キュリアレーザー

ノーダウンタイムの美肌治療

真皮層に働きかけて、内側からお肌をキレイに。お肌を内側から若返らせるレーザーです。

curia_03

効果

■たるみ・シワ
血管の新生や細胞分裂を活性化
コラーゲン繊維の再生を促進

■シミ・くすみ
メラニンに吸収される810nmの波長による、くすみの改善

■ニキビ
レーザーの熱による殺菌作用
赤みのあるニキビの炎症を抑える作用
※症状により、プラセンタ治療等、様々な治療法があります。

キュリアレーザーの特徴

■ダウンタイムがない
メイク・洗顔・シャワー等、全て当日から可能です。
術後、一時的に赤みが出る事がありますが、数時間~数日で落ち着いてきます。

■痛くない
-10℃で冷却しながら処置するというクーリング機能に加え、ランダムスキャン方式というレーザー照射を採用。
均一で効率的な照射が可能となり、患者様の痛みを最小限に抑えます。

キュリアは、日本人の肌の為に研究・開発された、ダイオードレーザーです。照射されたレーザー光が真皮層の深部にまで作用することで、繊維芽細胞の活性化やコラーゲン繊維の増殖を促進させます。

小じわ・毛穴の開き(タルミ)・くすみ・肌質が改善され、明度もアップします。

1回の照射でも、お化粧のノリが良くなったり、引き締め効果は実感して頂けますが、効果を維持するためにも、始めの5、6回は2~3週間間隔の照射がオススメです。

人気のエイジングケアでありながら、低予算で受けられます。

curia_02

ハイドロキノン軟膏 (院内オリジナル) 15g ¥2,500

シミ・くすみの原因となる「メラノサイトの活性化を抑える作用」があり、更にビタミンCを配合したことにより「シミのできにくい肌」にします。

ハイドロキノンが効くシミ

■【紫外線によるシミ・そばかす】

日光性黒子(老人性色素斑)、そばかす(雀卵斑)

■【肝斑(かんぱん)】

女性ホルモンのバランスなどが原因。頬から目尻にかけて左右対称にできるのが特徴

■【ニキビ跡・傷やヤケドなどによるシミ】

ニキビ跡の色素沈着の改善やレーザー後の色素沈着、傷痕のメラニンによる色素沈着

プラセンタ注射

プラセンタとは

「 胎盤」から抽出したエキスの事をプラセンタといいます。

国内の安全な人胎盤から抽出され、加熱滅菌処理が厳密に行われています。

母体が赤ちゃんを育てるうえで必要なものの殆どを供給するために作りだす臓器で、各種栄養素がこの組織に集中し、また多数の生理活性物質が産生されて貯えられています。

働き

■各種栄養素

アミノ酸・活性ペプチド・蛋白質・脂質・脂肪酸・糖質・ムコ多糖体・ビタミン・ミネラル・核酸・酵素

■作用

細胞活性化 細胞を活性化させることによって、栄養分をしっかり吸収し、血管を強く、神経を正常にし、ホルモン分泌・免疫機能の働きを改善し、身体を内側から元気にしてくれる。
免疫力の強化 目にはみえないが、私たちの周りには最近やウイルスがいっぱいです。これらを体内に侵入したときに敵と戦い、私たちの体を待ってくれるのが免疫の働きです。プラセンタには、この免疫力を高める作用があります。
炎症を抑える 炎症に対し免疫が過剰に反応すると、リウマチなどの自己免疫異常に陥ることもあります。プラセンタはそんな慢性化した炎症を抑え、腫れや痛みを取り除く効果がある。
血流を良くする 血行が悪いと、全身に酵素や栄養素が行きわたらず、老廃物の排出がスムーズに行かなくなり、冷え性、生理痛、肩こりを始め、あらゆる病気の引き金となる。プラセンタは血行を良くし、同時に血液の浄化、血管の生成にも役立ちます。

■効果

婦人科系 更年期障害、生理痛、生理不順、乳汁分泌不全、高プロラクチン血症など
内科系 肝炎、肝硬変、慢性膵炎、糖尿病、慢性胃炎、胃弱、胃潰瘍、十二指腸、潰瘍性大腸炎、気管支喘息、慢性気管支炎、高血圧、低血圧、習慣性便秘、膠原病、痔など
皮膚科系 アトピー性皮膚炎、乾癬、ワキガ、湿疹、あかぎれ、シミ、そばかす、シワ・タルミ、ニキビなど
精神科系 自律神経失調症、不眠症、鬱状態、無気力など
泌尿器科系 前立腺肥大、膀胱炎など
眼科系 白内障、アレルギー性結膜炎、視力低下など
耳鼻咽頭科系 アレルギー性鼻炎、メニエール病、花粉症など
歯科系 歯槽膿漏、歯周病
その他 疲労、冷え性、虚弱体質、病中病後の体力回復、強壮など

※「更年期障害」「乳汁分泌不全」「肝炎」「肝硬変」治療は、プラセンタの保険適応です。

■種類

メルスモン 更年期障害 美白・保湿・組織代謝促進・結合組織の新生・細胞の増殖再生・血行促進・活性酵素除去(抗酸化)・抗炎症・抗アレルギー
乳汁分泌不全
ラエンネック 肝臓病系
(肝硬変病・慢性肝疾患)

placenta_03

placenta_04

■来院頻度

最初の2週間は週に2~3回、その後は週に1回の頻度で受けて頂く事をお勧め致します。

(あくまでも目安となります。実際にはご都合に合わせてご来院ください。)

■副作用

注射部位の疼痛・発赤等や悪寒・発熱・発疹・かゆみなど。過去50年間重篤な副作用の報告はありません。

■ウィルスや細菌などに対する安全性

胎盤1つずつにおいて、梅毒・結核・淋病・B型肝炎・C型肝炎・エイズ・成人T細胞白血病・リンゴ病の陰性であることが確認された安全な胎盤を原料とし、さらに、高圧蒸気滅菌を実施し、ウィルス・最近の感染防止をとっています。これまでにプラセンタによると思われるウィルスの感染の発生報告はありません。

■変異型クロイツフェルト・ヤコブ病(vCJD)等に対する安全性

プラセンタを原料として製造される医薬品の投与により、感染症が伝播したとの報告は、現在までに国内・海外友いありません。しかし、変異型クロイツフィルト・ヤコブ病の伝播リスクを理論的には、完全に否定することはできません。

この為、プラセンタ使用者は献血を控える事が求められています。

この為、プラセンタ使用者は献血を控える事が求められています。

血液検査・プラセンタ注射を行います。

Pagetop
更年期障害・皮膚科・形成外科・美容外科、渋谷駅2分
お電話でのお問合せ
フリーダイヤル 0120-00-2266
東京都渋谷区桜丘町16-15 カーサ渋谷2F
診療時間:10:00~14:00 / 15:00~19:00
水・日・祝休診、土は午後休診
©2017 美容外科・皮膚科のDr.Minagawa渋谷整形